摩耶山の麓から

Mt.Maya Without a Map

嘉津宇岳(452m)安和岳(432m)・・・沖縄県名護市

この日も65系統の始発バスに乗るべく、5時前には為又の宿を出る。

ただし今日は歩く方向を変えて、本部寄りの北部農林高校前のバス停

を目指す。暗い内に到着したが早すぎる。いっそ旭川入口まで歩こう。

f:id:aw2q:20191102074544j:plain

旭川入口バス停に着いた時に、乗車予定だったバスが追い抜いて行く。

バス停の反対に大きな「嘉津宇岳入口」という標識が掲げられている。

旅行を計画するまで知らなかったが、沖縄県では有名な山なんだろう。

f:id:aw2q:20191102074607j:plain

登山口のある勝山地区までは徒歩40分の車道歩き。常に嘉津宇岳や

安和岳が様々な表情を見せて退屈しない。石灰岩だろうか。採石場

ある。やがてシークヮーサーの販売所を過ぎれば、勝山地区の入口だ。

f:id:aw2q:20191102074635j:plain

安和岳の前衛峰である三角山が、その名前の通りの形に見える。また

嘉津宇岳を示す標識があるが、これは中腹の駐車場へ誘導するもので

ある。そちらには入らず立派な公民館の広場で、朝食休憩させて貰う。

f:id:aw2q:20191102084005j:plain

トイレと飲料の自販機もあり、ハイクの用意を整えるには最適な場所。

正面に三角山の南面を仰ぎ見る。歩くのは東斜面なんだけど、この山

域の険しさを示されているようで、心なしか緊張するな。さあ行こう。

f:id:aw2q:20191102074726j:plain

ヤギ肉販売の看板から車道を下って行くと、ヤギの小屋が両脇にある。

勝山地区は民家が散在し集落を形成していない。独特の雰囲気がある。

道標はないが駐車禁止の看板があるので、どうも此処が登山口みたい。

f:id:aw2q:20191102074754j:plain

古巣岳の岩壁を見上げつつ、農道を進んで行くとシークヮーサーの果

樹園となる。小振りな緑の実が沢山なっている。ほのかに香りもする。

小さな私製道標に誘導されて、農道から離れて沢に向かう小路に入る。

f:id:aw2q:20191102074844j:plain

ゴツゴツした石灰岩が積み重なる涸れ沢を登って行く。濡れていると

恐ろしく滑りそうだ。やがて第一分岐点の公設道標に出会う。まずは

古巣岳に登り、嘉津宇岳、安和岳と周回し三角山から此処に戻る予定。 

f:id:aw2q:20191102074936j:plain

登山道は右手の斜面を緩やかに登って行く。歩いているときは足元が

気になって何とも思わなかったが、写真を見ると南国っぽい植生だな。

でも石垣島みたいにジャングルって感じじゃない。照葉樹の多い林相。

f:id:aw2q:20191102074911j:plain

やがてハングした岩壁の裾を斜上するようになり、古見台を指す道標

に突き当たる。展望所らしいので行ってみよう。進んで行くと大岩壁

の中腹のバンド状にでる。ザイルが残置してあるが、擦り切れている。

f:id:aw2q:20191102074958j:plain

どうやらクライミングのゲレンデのようだ。ザイルの終点まで行って

みたが、景色は変わらない。登攀終了後の下降用に設置されたようだ。

狭く危険な所で休憩に向かず、ハイカーは立ち寄る必要はないと思う。

f:id:aw2q:20191102121325j:plain

同じ眺望が頂上から十分楽しめる。元の道に戻ると急斜面を九十九に

登るようになる。古巣岳(ふるしだけ)391mという標高の割に登

り応えがある。というか昨日の4万歩超えの歩行が足に来てるのかも。

f:id:aw2q:20191102122736j:plain

第一分岐点から50分程で空が抜け、頂上らしき所に出た。先を行く

家族が最高所に向かおうとするが、藪が濃くて道が無いと言っている。

一番の高みは藪の中だ。振り返ると少し下った展望所に標柱があった。

f:id:aw2q:20191102123350j:plain

名護湾の景色が良い。ただ嘉津宇岳の前山と云った感じで、登頂感は

得にくいだろう。分県ガイド沖縄県の山では此の山を単独で紹介して

いるが少し無理があるように思う。冷水で小休止するが落ち着かない。

f:id:aw2q:20191102125236j:plain

というのも北側には嘉津宇岳が聳えている。分県ガイドには古巣岳と

嘉津宇岳間のコースが記されていない。はたして道があるのかどうか、

この時は分っていなかった。距離的に踏跡ぐらいあるはずという予想。

f:id:aw2q:20191102125650j:plain

だが背後の森に続く踏跡は意外にしっかりしていた。直接に北へ向う

のではなく、西側から回り込むように進んで行くようだ。残念な事に

マーキングも五月蠅いくらい付けてあるので、迷ういようも無さそう。

f:id:aw2q:20191102130636j:plain

暗い樹林から一転、明るい石灰岩の岩場を辿って行くと、小ピークに

達する。地理院地図を確かめると嘉津宇岳の周囲には、衛星のように

幾つもの小ピークが点在する。いわゆるカルスト独特の地形のようだ。

f:id:aw2q:20191102131809j:plain

小ピークから再び樹林の中に入り、斜面を登り返すと嘉津宇岳頂上か

ら西へ直線的に伸びる尾根上に出た。第2分岐点への分岐を過ぎると、

歩き難い岩場となる。先を行く家族も足元を気にして、恐々歩いてる。

f:id:aw2q:20191102133107j:plain

嘉津宇岳の山頂標識も最高地点ではなくて、若干東に下った所にある。

勝山地区を一望に出来る展望を考えての事だろうか。足元には駐車場

が間近に見える。眼を上げると名護湾と北の羽地内海を一望に出来る。

f:id:aw2q:20191102133806j:plain

西にこれから向う安和岳(432m)通信施設の林立する八重岳(453m)

が並ぶ。彼我の標高差はごく僅か。低山だが周囲に高い山がないので

抜けた感じが爽快だ。吹き抜ける風も涼やかで30分近く休んでいた。

f:id:aw2q:20191102140054j:plain

そろそろ進もうと下り始めるが、名残惜しくて最高所辺りで振り返る。

先を歩いていた家族が躓いて倒れ込む。幸い草の上に転んだので無傷

だったが注意しなければいけない。ゆっくり落ち着いて歩いて行こう。

f:id:aw2q:20191102150724j:plain

ところで嘉津宇岳にはアフリカマイマイが無数にいる。広東住血線虫

という寄生虫がいるので、直接はもちろん這った跡を触るのも危険だ

と言うが、実際はどうなんだろう。余り注意を喚起する表示を見ない。

f:id:aw2q:20191102151751j:plain

第二分岐点の三差路まで戻ってきた。此処には古巣岳を示す公設道標

がある。ということは両者の間は正規のコースという事になりそうだ。

ならば古巣岳の頂上にも、嘉津宇岳を指し示す道標の設置が望まれる。

f:id:aw2q:20191102151839j:plain

第二分岐点までの下りは複雑な地形を辿った。単に下り一方ではなく、

最初は尾根筋を進み、次に斜面を下り浅い谷に降りる。その後は一度

登り返し、長いトラバースの末ようやく谷に下る。カルストならでは。

f:id:aw2q:20191102151909j:plain

ただし下った谷間が第二分岐点ではなく、さらに100mばかり谷を

下らねばならなかった。地形を読み切れず少々迷った所。第一分岐点

の印象があったので、谷に下ればすぐ安和岳に登り返すと思っていた。

f:id:aw2q:20191102151938j:plain

此処が第二分岐点。嘉津宇岳からは涸れ沢を下って来た。腰を下ろし

小休止する。時刻はまだ11時15分。我が家としては早い時間帯だ。

もう一つ目的があり14時ぐらいに下山したい。この調子なら大丈夫。

f:id:aw2q:20191102152012j:plain

第二分岐点からは急斜面を直上していく。標高がぐんぐん上がるのを

実感する。途中からは更に傾斜が上がって、九十九に登るようになる。

濡れていれば滑りやすいだろう石灰岩だが、乾いているので問題ない。

f:id:aw2q:20191102152215j:plain

第二分岐点からは30分弱で安和岳頂上に飛び出した。ここも最高所

でなく一段下った所に標識がある。谷を挟んで嘉津宇岳。右下の台地

状が古巣岳。歩いてきたコースを全て目視でき、興味深いものがある。

f:id:aw2q:20191102152244j:plain

あたかもSF映画の秘密基地の様な八重岳の通信施設。そう思うのも

実はオオシマゼミの鳴き声がBGMとして響いているから。金管楽器

並みの音質と盛大な音量は、宇宙へ向けて謎の音波攻撃してるみたい。

f:id:aw2q:20191102152324j:plain

北西には水納島のリーフがよく見える。反対側に湾があり三日月型と

云われる。ミンナジマという語感も心地よいのか渡ったこともないの

に、今も記憶の片隅に残っている。機会があれば一度行ってみたいな。

f:id:aw2q:20191102152415j:plain

安和岳と三角山の中間のピークで、スコールのような雨が降ってきた。

直ぐに止んだが、家族はその際に向こうずねを鋭い岩角で打って流血。

もう下るだけなんだけど全然気が抜けない。より慎重に歩いて行こう。

f:id:aw2q:20191102152442j:plain

三角山頂上に到着する。此処も最高所より標高にして数メートル下に

標識が設置してある。多少は安定した場所なので、それが理由かとは

思われるが意外な感もある。この山域では名護市街が一番よく見える。

f:id:aw2q:20191102152511j:plain

ただし四つ目のピークともなると眺望も満腹感がある。さして休憩も

せずに下ってしまおう。振り返って今下って来た安和岳からの稜線を

望む。その奥は八重岳。山頂まで道路があるのでドライブ向きらしい。

f:id:aw2q:20191102152558j:plain

スイッチバックするように三角山の東斜面を下って行く。思ったより

スムースに下れる。今日は右回りに周回したが、此方を上りにとって

周回するのも良いかと思う。一つの山をピストンでは勿体ないだろう。

f:id:aw2q:20191102152632j:plain

第一分岐点に下って来た。この旅行を計画するまで名も知らない山域

だったが、十分に登りがいがあって眺望も楽しめた。岩が乾いている

事を条件として、沖縄本島では屈指のハイキングコースだと云えよう。

f:id:aw2q:20191102152659j:plain

13時33分に勝山公民館前まで戻ってきた。公民館の隣にある農村

交流センター食堂のランチ営業に十分間に合う。ところで周囲を見渡

しても民家が数軒しか見えない所だが、食堂は本当に営業してるのか。

f:id:aw2q:20191102152736j:plain

失礼ながら心配して出発時に営業時間を確かめると、月曜が定休日で

昼は11時から15時。夜も17時から21時までだと看板にあった。

「山羊もありますよ」と言われるが、少々高いし臭いがどうだろうか。

f:id:aw2q:20191102152802j:plain

無難な所でチャンプル(500円)を頼む。ウチナータイムというか

20分以上待った。でもあか抜けた食器に彩り豊かな料理。量も十分。

全部美味しかったが、白飯が今まで沖縄で食べた中で最高の炊き具合。

f:id:aw2q:20191102152842j:plain

楽しいハイクと美味しい昼食で幸せな気分で帰途についた。旭川入口

でバスに乗っても市役所近くで下車すると、宿まで40分は歩かねば

ならない。帰りもまた宿まで歩く事にしよう。多少は近道できたかな。

f:id:aw2q:20191102152902j:plain

途中に買物もしたが、2時間ほどで為又(びいまた)の宿に帰着する。

ネーミングには首を傾げるが、一泊一室3900円でキッチン・洗濯

機・浴室乾燥機能付き。もう少し地の利が良ければ最高なんだけどな。

f:id:aw2q:20191103055558p:plain

行程の赤いライン、並びに分岐点の位置等は憶測で全く不正確である。

f:id:aw2q:20191103055910p:plain

家族のスマホ搭載のアプリによると、この日の歩数は39,504歩。

f:id:aw2q:20191103233824j:plain

今日出遭った動物(その1)・・勝山農村交流センターのチェリオ

自販機の上にいた猫。アイスコーヒーを買おうとしたら威嚇してきた。

f:id:aw2q:20191103234456j:plain

 今日出遭った動物(その2)・・登山道の往還にあるヤギ小屋。割と

広々とした所で飼われてる印象の山羊だが、食肉用だからか狭い小屋。