摩耶山の麓から

Mt.Maya Without a Map

傾城森(417m)・・・宮城県七ヶ宿町

せっかく福島市に泊まったのだから、福島県内の山にも登りたかった。

だが今日は仙台市内に泊まる予定なので、日帰りできる適当な山が見

当たらなくて、宮城県白石駅からバスで行ける低山に行く事にした。

f:id:aw2q:20200922144846j:plain

余裕を見て利用するバスの50分前に白石駅に到着。それだけ時間が

あれば白石城位は観光できたが、何となく不安でバス停で待ち続けた。

それは或る意味的中したのかも。8時29分、七ヶ宿町営バスに乗車。

f:id:aw2q:20200922144906j:plain

今まで乗ったバスの中でも際立ってハードボイルド。初めて乗る方は

運転手に行き先を言って下さい。という貼紙に気づいた時は遅かった。

途中の乗降客もないので、話しかける機会もないままダム公園を通過。

f:id:aw2q:20200922144926j:plain

傾城森の入口でと頼むが、国道では停めれないという事で少し手前で

降ろして貰う。全線200円。ガイド本には自由乗降区間とあったが、

今は違うのかも。町民の為のバスなので利用させて貰うだけで有難い。

f:id:aw2q:20200922144954j:plain

傾城森(440m)と山伏森(390m)という二つの岩山に遊歩道が設け

てある。蔵王も西吾妻もロープウエイを使って、後は緩やかな歩きだ

ったので、いきなりの土留め階段が急峻に思え、息が上がってしまう。

f:id:aw2q:20200922145012j:plain

爽やかな落葉樹の森だが今日はやけに蒸し暑い。まず山伏森への分岐

が現れる。後で戻って来るので見送り傾城森へ進む。吊り橋の標高が

既に300mあるので、比高差は140m足らず。20分で着くはず。

f:id:aw2q:20200922145032j:plain

ダム湖側へ下る道を分けると、鳥居をくぐって最後の急坂。10時半

に山頂に着く。吊り橋から23分掛っている。三角点は416.7m

だが、ガイド本には440m。案内板には446mとの記載があった。

f:id:aw2q:20200922145051j:plain

実際は三角点がある位置が最高所に思えたので疑惑の標高だ。北側へ

進むと崖上の展望所があって七ヶ宿町の市街が良く見える。此処にも

鳥居があるので、低山だけど山体自体が信仰の対象となっているよう。

f:id:aw2q:20200922145110j:plain

北東にひと際高い山が見えている。蔵王山系の一峰、御前岳だろうか。

だとすれば手前の蛤山の裏に、一昨日歩いた熊野岳が見えるはずだが

雲が低くて隠れているのかもしれない。連日の曇り空で冴えない旅行。

f:id:aw2q:20200922145210j:plain

元の道を分岐まで戻って、今度は山伏森に向かう。低山だが岩が崩れ

岩塊流の様相を呈しているのは凄味がある。ところで山名に森と付く

が、高知県でも森という山が多い。両者に何か関係があるのだろうか。

f:id:aw2q:20200922145301j:plain

傾城森は京都祇園の名妓という伝説だが、相手の山伏の方が赤い鳥居

というのも理由があるのかも。山頂の小さな鳥居も赤く塗られていた。

鳥居から5分と掛からず山頂に着く。樹林が多く展望は傾城森に劣る。

f:id:aw2q:20200922145317j:plain

ただ東側にダムの堰止湖である七ヶ宿湖が僅かに見える。広い公園が

整備され道の駅もある。さて今日のハイクは一応終り。もう少し歩き

がいがあるかなと思っていたが、比高差140mならこんなものかな。

f:id:aw2q:20200922145344j:plain

さて元の道を戻ろうとすると、傾城森が意外に高く見える。あんな山

登ったかなって家族がつぶやく。彼我の差は20m位だが、登った方

より急峻な側面を見ているせいか。国道から矢立を通って公園へ行く。

f:id:aw2q:20200922145404j:plain

白石駅に戻る町営バスの時刻まで、2時間近くあるので道の駅で時間

を潰そう。まず土産物店で目を引いた郷土料理の「しそ巻き」を買う。

その他は果物類が安かったんだけど、ミニトマト一袋だけで我慢する。

f:id:aw2q:20200922145417j:plain

嬉しい事に食堂のメニューに温麺(うーめん)があった。白石市内で

是非食べたかった名物だけど、JRの乗換時間は短いので諦めていた。

ところで心配がある。公園の周辺に町営バスの停留所が見当たらない。

f:id:aw2q:20200922145457j:plain

役場の時刻表には、七ヶ宿ダム公園に停留所は有る。だが不安なので

さっき見かけた矢立バス停へ戻りバスを待つ。車内でもバス停の表示

やアナウンスはない。この日は仙台市秋保温泉に宿を予約している。

f:id:aw2q:20200923072555p:plain

 

今日のBGM


白石うーめん体操 リニューアル!

 

西吾妻山(2035m)・・・山形県米沢市

仙台行きの航空券を購入した後、地図を見ていたら或る事に気づいた。

仙台・山形・福島、三つの県庁所在地が、各県の面積に比べ妙に近い。

それに米沢を加えれば鉄路が環状に繋がる。それを元に旅程を組んだ。

f:id:aw2q:20200921104413j:plain

米沢では観光する時間がないのが残念。青っぽい話だが日本史で一番

尊敬する人物が米沢藩主の上杉鷹山。でも駅付近には謙信に関する案

内しか見当たらない。上杉家が藩主となったのは謙信の没後なのだが。

続きを読む

蔵王 熊野岳(1841m)・・・山形県山形市

朝起きると雨は止んでいたが雲は多い。昨夜の宿は GoTo 割引適用後

一室4225円。掛け流しの温泉が自慢だけど、温泉宿というよりも

スキー宿。宿泊客は我々だけだったようで、白濁した温泉を堪能した。

f:id:aw2q:20200920092110j:plain

標高約850mの蔵王温泉からロープウェイを使って、1331mの

樹氷高原駅へ上がってしまう。。始発は8時30分なので、ゆっくり

宿を出てきた。片道800円。紅葉前の端境期なのか乗客は少なそう。

続きを読む

山寺(立石寺)観光・・・山形県山形市

8月のピーチのセールで仙台行きが安くて、5日間の日程で購入した。

ところが予約の午後便が乗客が少ないという理由で、計画欠航となり、

7時20分の便に振り替えた。でも自宅からは電車では間に合わない。

f:id:aw2q:20200919161048j:plain

インパウンド向けのホテルが乱立し、安値で泊まれる難波で前泊する。

GoTo適用後一室1700円なので、乗合タクシーを利用するより安い。

週間天気予報が余り良くない。雨なら温泉巡りの旅になりそうで心配。

続きを読む

利尻・礼文の旅 七日目・・・利尻から伊丹空港へ

昨夜半から雨が降り始めた。断続的に降り続け、朝には強風を伴って

激しくなった。テント内に浸水も始まり、ガスボンベも使い切ってし

まったので朝食も摂れないし、フェリーターミナルに行ってしまおう。

f:id:aw2q:20200831124458j:plain

晴れていれば、ポン山(444m)ハイク。曇っていても空港までは

4km程なので歩こうと思っていたが、すべて断念する。昨日から雨

ならコテージ(5000円)に泊まっても良かった。お世話様でした。

続きを読む

利尻・礼文の旅 六日目・・・利尻島一周サイクリング

六日目の朝、やはりガスが垂れ込めている。だが雨は降ってないので

レンタサイクルで島を一周しよう。人の記憶って全くアテにならない

もの、この時二人とも利尻島を自転車で走った事はないと思っていた。

f:id:aw2q:20200902151250j:plain

フェリーターミナルで旅行者用プレミアム商品券を買う。準備不足で

その存在を知らなかった。利尻富士町内の各種施設で使えたのに残念。

2000円で2500円分利用できる。自転車は1台一日1500円。

続きを読む

利尻・礼文の旅 五日目・・・礼文岳(490m)

礼文島3日目、昨夕から降っていた小雨は明け方に止むが、相変らず

周囲の山はガスに包まれている。天気情報アプリによると湿度98%、

しかし日程の都合で今日は礼文岳に登り、利尻島に戻らねばならない。

f:id:aw2q:20200902214128j:plain

バスの本数は限られているので戻っては来れない。濡れたテントを撤

収し荷物を全部持って行く。道道まで10分足らず、自由乗降区間

ので手を挙げればバスは停まる。6時42分、昨日と同じ高校生3名。

続きを読む