摩耶山の麓から

Mt.Maya Without a Map

宮古島旅行 参日目 池間島サイクリング

宮古島3日目の朝。天気予報ではまだ暴風圏内。実際風切り音が凄い。

そこで池間島へはバスに乗って行こうと思った。10時台に平良発の

便がある。マクドで朝食を摂ったりし乍ら、ゆっくりバス停に向かう。

f:id:aw2q:20191005175407j:plain

市街地に入ると風も弱くて、自転車で走ってる人もチラホラ。これ位

なら行けるんじゃないと予定変更。富浜モータースさんでママチャリ

を2台お借りする。一日一台1000円、2日間で合計4000円也。

f:id:aw2q:20191005175500j:plain

最初は普通のママチャリを出されたが、外装6段のチェンジ付きの物

に変えて貰う。家族の26インチは錆び古びていたが、乗ってみると

すこぶる快調。道南旅行の時も思ったけど自転車って整備で全然違う。

f:id:aw2q:20191005175523j:plain

宮古島まもる君は、宮古の道路に設置されている警察官型人形の愛称。

19基あるらしいが全員が兄弟という設定。西原入口交差点に勤務す

る彼は、こうじ君と言うらしい。ハムが借りた27インチと記念写真。

f:id:aw2q:20191005175543j:plain

しばらく走ると今度は、すすむ君が見守ってくれる。風の問題だけど、

これがずっと追い風で楽々走れる。平良市街はやや高低差があったが、

後は平たんな道が続くせいもある。ただ池間大橋まで特に見所もない。

f:id:aw2q:20191005175608j:plain

約一時間で狩俣集落を過ぎると、西平安名崎と池間島への分岐に到達。

前方に池間大橋が見えてきた。追い風参考記録っていう感じだろうが、

予想よりずいぶん早い。橋に近づくにつれ,て、風もどんどん強くなる。

f:id:aw2q:20191005175631j:plain

瀬渡崎の撮影ポイントで、自転車を入れて写そうと強風ですぐ倒れて

しまう。池間大橋は全長1425m。中央部が盛り上がっているのは

走ってみると分かるのだが、見た感じは割と平坦。そろそろ行こうか。

f:id:aw2q:20191005175654j:plain

橋の上はさらに強風。背中を押されて凄いスピードが出る。中央部を

越えた後は、ママチャリの限界を超えてバイク位の速度が出てた感じ。

あっという間に渡りきってしまった。景色を楽しんでいるヒマもない。

f:id:aw2q:20191005175722j:plain

池間島の橋詰にある此方の店は屋上が展望台。海美来(かいみーる)

なんて名前なのでオシャレな店かと思いきや、土産物店とも食堂とも

つかない店内は、完全に沖縄タイムが流れていた。すっごく緩い感じ。

f:id:aw2q:20191005175744j:plain

アイスを買いに来た人に「台風だからブルーシールの人が持ってちゃ

って無いよ。」とか意味不明。おネエさんが「おいしいよ」って言う

から、紅イモ餅200円を買って屋上に上る。これは本当に美味しい。

f:id:aw2q:20191005175808j:plain

宮古島から渡ってきた池間大橋。南向きは風が強くて立ってられない。

もう少しゆっくりしていたかったが池間島一周に向かう。展望台には

次々と観光客が上がって来るが、あまり商品が売れている気配はない。

f:id:aw2q:20191005175951j:plain

池間島の周囲は約10km。まず港に行ってみるが保安庁の巡視船が

停泊していただけ。漁船は出漁中だったのかな。集落に続いて、やや

奇抜な外観や超高級そうな宿が並んでいた。陽が差すと海の色が綺麗。

f:id:aw2q:20191005180019j:plain

一周道路にレンタカーが2台駐車していたので立ち寄ってみると砂浜。

後から調べるとイキヅービーチというらしい。干潮の時にはハート形

の岩穴を見ることが出来るらしい。今日は泳ぐのはちょっと無理かな。

f:id:aw2q:20191005175854j:plain

時計回りに島を一周して行く。大きな灯台を過ぎると前方に大神島

見えてきた。宮古島もそうだったけど、歩道はほとんど歩く人がいな

いんだろう。草木が茂ったり、枯枝が積もったりしていて通行は困難。

f:id:aw2q:20191005180048j:plain

数台のレンタカーが停車する駐車場から、南へ少しでフナクスビーチ。

池間ブロックとも呼ばれているらしい。完全に風裏になっていて、風

も弱いし波もない。海水も澄んでいる。此処なら十分泳げそうだった。

f:id:aw2q:20191005180105j:plain

太陽が完全に顔出すと砂の白さが際立つ。実はこの頃から日焼け止め

を忘れたことを後悔し始めている。10月とは言え日差しは強い。腕

はすでに赤くなっている。ゆっくりしたいがもう帰った方が良さそう。

f:id:aw2q:20191005180135j:plain

来る時は追い風だったけど、宮古島に戻るときは当然向かい風。少し

は弱くなってないかと期待したけど相変わらず強風。最初の内は乗っ

ていたけど、中央の盛り上がりの前から、降車して押し歩きで渡った。

f:id:aw2q:20191005180215j:plain

大橋を渡った狩俣にあるタコが名物で有名な食堂。此方で昼食を頂く。

でも値段は観光地価格だし、味は・・・。メニュー写真と現物の違い

にもがっかりした。ネットの評判はあてにならない。それでも超満員。

f:id:aw2q:20191005214750j:plain

帰り道はずっと向かい風。平良市街の手前で道に迷い、内陸部を走っ

たら、意外に坂道が多かったり、日焼けがひどく痛み始めたりで疲れ

切ってしまった。ホテルの部屋でシャワーを浴びて夕暮れまで一休み。

f:id:aw2q:20191005180324j:plain

夕食は初日に見かけて気になった此方のレストラン。夕食バイキング

800円って凄いな。総菜の数は多いけど味は値段なり。でもサラダ

類が普通においしく頂けた。お腹いっぱいになり、それはそれで幸せ。

f:id:aw2q:20191006124724p:plain