摩耶山の麓から

Mt.Maya Without a Map

摩耶山上「笹原」周回ハイク

11月30日。木の袋尾根の支尾根を下り、滝で行き詰まり登り返してきた。

まだ、帰るには早いので予定通りに、摩耶山上周回ハイキングを続けよう。

踏跡をひろってピークに辿り着く。アゴニー坂の鞍部を、挟んで東側の稜線。

この付近は踏跡交錯していて方向を失い易い。杣谷峠を目指し東へ向かう。

このアゴニー坂と杣谷峠間の稜線は、ドライブウェイのすぐ近くにありながら、

不思議なほど静かな場所。清浄な雰囲気のする笹の尾根筋を歩くのも楽しい。

直進すると杣谷峠の切通しへ出てしまう。北側の尾根に乗り換えて、鉄塔脇の

ピークに登る。高圧線が上空を通るので、定期的に伐採されていて眺望が良い。

穂高湖が黒い水を湛えている。今年は寒くなりそうだけど、氷結するだろうか。

鉄塔からは巡視路と思えないほど急な道が、杣谷のトイレに向かって下っている。

杣谷峠から穂高湖に下る。正面に見えるのがシェール槍。右側の遊歩道を行こう。

堰堤手前にあるシェール槍の取り付き。私製の道標がポールに取り付けてあった。

ほんの少しの登りでシェール槍の頂上に到着。360度とは言えないが展望が広がる。

北側には六甲山牧場が近い。時にはアナウンスの声も風に乗って聞こえて来たりする。

西側には新穂高。シェール槍の山頂で、ゆっくりしたいが、此処は混み合うことがある。

食事には不向きなので、西側へ下る。階段状の岩場を下るか、北側の踏跡を回り込む。

西へ向かう踏跡を辿り小ピークを越えると、2段の平たい岩場がある。休憩に良い場所。

今日は此処で昼ご飯にしよう。晴れの予報だったけど、曇っていてとても寒いのが誤算。

食事を終えた後は、そのまま西へ下って行く。歩くのは3度目だが、道は見当たらない。

適当に笹原を下って行く。ただし此処は岩が、沢山笹の下に隠れている。注意して歩く。

下りつくのはシェール道。毎回少し違った場所に降り着く。紫色の木の実が生っている。

シェール道を少し登ると、穂高湖周回路の標識。この道が掬星台への近道となっている。

此処も気持ちの良い笹原が続く。生田川の源流域の雰囲気があって、好きな場所の一つ。

そういえば今日は笹原ばかり歩いている。なので、摩耶山上「笹原」周回ハイクということに。

徳川道と交差する所に、「すぐまや」と彫られた石柱がある。直進して掬星台に向かう。

何気なく石柱の裏側を見ると、「すぐありま」と彫ってある。もう何十回と歩いているのに、

全く気付かずにいた。ということは「すぐ」とは時間ではなく、「まっすぐ」という意味なのか。

いずれにしろ此処から有馬を指して、「すぐ」というのは不思議な気がする。そんなことを

考えつつ、ドライブウェイに出て掬星台に向かう。ドライフラワーになったアジサイの花。。